社会の偏見を取り除くのは回復者自身の責任である」 ~ウィリアム・L・ホワイト

依存症、精神障がい、生きづらさの病気・困難は回復が可能です。
しかし、回復は可能であり、新しい生き方を手にすることができるという事実は、社会の中でほとんど知られておらず、病気・困難を抱える本人や家族の人たちにもよく知られていない状況にあります。

回復が信じられず、回復の道につながるきっかけが得られず、長いあいだ病気・困難を抱え続け、あるいは悪化させていき、やがては死んでいく人たちも無数にいます。そして、社会にはこれらの病気・困難に対する無知と偏見が少なからず存在しています。

私たちは、このリカバリー・パレード「回復の祭典」を通じて、何よりも自分たちの回復の喜びを分かち合いたいと考えます。
そして、私たちを通じて回復を見てもらうことから、社会の人たちが、回復は可能であり、現実であることを知るようになり、これまでよりずっと多くの人たちが回復を実現できる社会になっていくと考えています。

リカバリー・パレード「回復の祭典」を実現し、これを通じて社会に私たちを知ってもらうようにすることは、貴重なかけがえのない回復という経験と力を得た私たちの責任でもあると考え、新しい一歩をみんなで作り出していこう!とするものです。

 


趣旨
(1)私たちは回復者、家族、友人、支援者、賛同者で一緒に回復の喜びを分かち合い、回復があることを社会にアピールします。
(2)私たちは依存症、心の病から回復するための手助けをします。
(3)私たちは回復者(団体)同士の交流を深め、社会との協力関係をつくります。

「回復」について 「回復」とは何でしょうか。
私たちは何が回復か(何が回復でないか)を決めません。その人本人が、以前より良くなったことを喜べるのなら、それが「回復」です。特定のグループ(例えば12ステップグループ)の回復の考え方を採用することもしません。回復は人それぞれです。

合言葉は『回復』
私たちが直面した病気・困難の状況、あるいは回復の仕方は、様々です。その私たちが共通して示すことができる「回復」を合言葉にしよう! とする中で「依存症、精神障がい、生きづらさからの回復」と表すことになりました。参加者の一人一人が、いずれかあるいはいくつかに当てはまる言葉になっています。

 


12ステップグループのアノニミティについて

アノニミティ(無名性)を保って、パレードに参加することができます
パレードに個人の実名を出して活動する時には、自分の12ステップグループ名を伏せることで、アノニミティの伝統が守られます。
自分の話をする時には、自分の12ステップグループのことを明らかにせずに、自分の回復のことについて話をすることで、アノニミティは守られます。

いろんな名前の出し方、参加の仕方があります
パレードの活動には、必ずしも実名を出す必要はありません。実名でも、ニックネームでも、参加者それぞれが自由に選んで活動しています。

12ステップグループのメッセージの機会として参加すること
パレードの活動の中に、12ステップグループとしても参加できる機会を設けたいと考えています。例えば、各グループの紹介を行う機会を持つこと等が考えられます。各グループとして参加する機会については、これから検討、相談していきたいと考えています。

新たに活動を作っていくということ
パレードの活動は、社会の中で私たち自身のことを積極的に見てもらう機会を設け、広く知ってもらおうとする、これまでにない新しい活動です。これからの活動は、これから私たちが新たにつくっていくものになります。まだ回復のことを知らない人達に、回復のことを知ってもらえるように、そして社会の中で回復の輪を広げていく力となるように、活動に賛同する方たち、是非、私たちと一緒に、これからの新しいパレードをつくっていきましょう。

 


第5回リカバリー・パレード「回復の祭典」in大阪
2020年9月13日(日)
10:30 靭公園四ツ橋筋側広場 (大阪市西区靭本町1-9-20) 集合
11:00 スタート~靭公園四ツ橋筋側広場 ~御堂筋を難波までパレード
12:00 ゴール~元町中公園(大阪市浪速区元町1-6) にて一旦解散
13:00 アフターイベント・プログラム  浪速区民センターにて(大阪市浪速区稲荷2丁目4-3)
開会のあいさつ 『世界の回復擁護運動の紹介と現状』麻生 克郎 さん(精神科医)
参加者からのメッセージ 講演 『僕の薬物依存からの回復への道 ~長野ダルクが教えてくれた “出会いと気づきと成長”』
杉田 あきひろ さん(歌手・ミュージカル俳優)
うたの時間 仲間といっしょ
16:30 終了

第5回リカバリー・パレード「回復の祭典」in大阪チラシ2020